作品解説 その2 兜チョーカー

 

続きましての作品紹介は兜チョーカーです。

016 Samurai Helmet Choker “HINENO” 兜チョーカー 日根野

IMGP3638600x
017 Samurai Helmet Choker “MOMO” 兜チョーカー 桃 

IMGP3635600x
018 Samurai Helmet Choker “SABAO” 兜チョーカー 鯖尾

IMGP3639600x
019 Samurai Helmet Choker “EBOSHI” 兜チョーカー 烏帽子

IMGP3636600x

 

これは2015年頭に作ったものです。
サムライリングでは表現しきれなかった変わり兜の面白い形をどうしても表現したくて
半ば無理矢理に作りました。
変わり兜の面白さを伝えたいというコンセプトですので兜の形を4種類、
面頬の形を3種類作りました。
この組み合わせは商品を紹介する都合上組み合わせは一定ですが、
兜4種と面頬3種と色2色の組み合わせはお好みで選んでいただけます。
このチョーカーはご覧のとおりインパクトは抜群です。
しかし、これを着けたまま走ると相当痛いですし、
ジャンプをすると怪我をするかもしれません。

ですのでこれはどちらかと言うと飾って眺めるタイプのものとして作りました。
「拭漆」という木目が綺麗に出る方法で仕上げた飾り台も付いてきますので
それに載せて棚や机の上で飾っていただけます。

今作っている新作はこのチョーカーやリングのいい所を集めたものになる予定です。
現在鋭意製作中です。
お見せできるまでにあと一月、二月はかかると思いますが期待していただくに値するよう努力いたします。
山梨に映って4年、日照時間ランキング一位と言われている北杜市明野町なので
雪は少ないと思っていたのですが、来て翌年に大雪でほぼ一週間家に閉じ込められ、
暖冬といわれるこの冬にまた雪が降りました。
我が家は公道から200m程奥まった所にあるのでとにかく雪掻きが大変なんです。
石川県輪島市にも住んでいたことがありますが、雪国は除雪対策がしっかりしているので
街中に住んで歩きがメインの限りは雪掻きの必要があまりありませんでしたので
雪掻きがどれほど大変か全く知りませんでした。
もう雪が降りませんように。

ではまた。

P1020441600x