Weekly report 17-24/Feb/2016

 

I’m reporting my works weekly when I don’t have specific news.
I’ve been doing some order works this week.
I can show you some pics about it.

I glid edge of some agate.

 

P1020461600x

P1020466600x

 

Instructions

* If the surface is rough, gold leaf won’t stick tightly.
  So I have to fill in the gaps with SA-BI URUSHI which mixed with powdered soil at first.

* Lacquered urushi very thin or wiped it off once.
  If lacquered thick, gold leaf would be dull.

* Paste gold leaf gently.
  A double layer of gold is better, because you may find some holes with one layer sometimes.

* Hold down gently with silk ball, then brush off extra gold tenderly.

* Leave it in the place with the certain humidity and temperature a day or two.

You don’t have to use urushi when you glid something.
But you have to use a glue of the adhesive strength.

Please try to glid yourself or order me.
I can glid any surface you want.

Thank you.

 

 

特にお知らせすべきことがない場合は、今週から週報という形でお送りしようと思います。

今週はオーダーの仕事で金箔を貼る仕事を主にしていましたので簡単にご紹介いたします。

金箔貼りも漆の仕事の一つなんです。最も現在は漆ではない専用の箔貼り用の接着剤が売られていますので

かぶれる心配をすることなく金箔を貼ることが出来ます。

もちろん私は漆職人ですので漆で金箔を貼ります。

簡単に手順を説明しますと、

・金箔を貼りたい表面にそのまま貼ろうとすると、表面の素材により漆を吸い込んでしまったり
  凹凸がありすぎる場合がありますので、錆漆という細かい土と漆を混ぜたものを
  こすりつけるように塗ることで、細かい穴を埋めます。

・それが乾いた後に生漆を染みこませるように塗った後に布で拭き取ります。
  これにより箔を貼る際の漆が表面に染みこむのを防ぎます。

・1日ほど置いて乾かした後に箔貼り用の漆を塗ります。コツはできるだけうすーく塗ること。
  一度塗った後に軽く拭き取るくらいの方がうまくいくと思います。

・いよいよ金箔を貼るのですが、金箔の扱いはとてもデリケートですのでどうしても経験が必要になります。
  未だ私も上手に扱えません。
  一度で上手く貼ろうとしないで、シワが寄ったり隙間が空いた所に何度も箔を貼れば以外にうまく行きます。

・貼った後は絹綿のボールで優しく抑えます。余分な箔は柔らかいブラシで優しく払います。

すごく簡単な説明であまり参考にならないと思いますが、このような手順で箔貼りをしています。

金箔もそれほど高価なものではありませんので挑戦してみては如何でしょうか。

もし私にオーダーいただけるのでしたらどんなものにも箔貼りをいたしますので、お気軽にご相談下さい。

ではまた来週。