○ 竹の酒器組

こちらは数年前のグループ展のテーマが「酒器」だったので制作したもの。
江戸時代から明治にかけて活躍した「柴田是真」が好きで、
彼の作品の一つにある竹の器に憧れて作ったものです。

 


竹の質感を漆で出すというのが肝の「竹塗り」という技法で
初めて本格的に挑戦したので結構苦労しました。

酒器、皿、ぐい呑、お猪口がセットになっていて、
使わない時には一本の竹になるようにしまうことができます。

ギミック大好きなんです。
何かしら一捻り加えたくなるんです。